【感想】アニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』陰キャは変わらない、でも日常は変わる 

特撮・アニメ

『ぼっち・ざ・ろっく!』は、陰キャな女子高生・後藤ひとりがバンドを組んで仲間たちと成長していく物語だ。元々は4コマ漫画原作で、2022年にアニメ化された。

劇中では主人公・後藤ひとりの陰キャレベルが非常に高く、アニメが1クール終わっていくつもの試練を乗り越えた後でも、彼女の根本的な性格は変わることはなかった。

しかし、陰キャは変わらなくても、彼女の日常は確実に大きく変わっている。それがこのアニメを最終回まで観た僕の結論である。

スポンサーリンク

「ぼっち」の日常はどう変わったか

後藤ひとりは幼稚園の頃から友達ができないコミュ症である。

たどたどしい話し方、下に向きがちな目線、挙動不審な行動の数々承認欲求の大きさは怪獣クラス。

アニメ版では、自由な作画と演者・青山吉能氏の演技力も加わり、さらに磨きがかかっている。

ある時テレビに出た人気バンドマンが「自分は昔陰キャだった」という発言を受けて、自分もちやほやされたいと思いギターを始める。

そこから3年間練習を続け、プロ並みに上手くなり、顔を隠して「ギターヒーロー」名義で演奏動画を投稿したら収益化できるまでに人気となった。

しかし、ギターの練習のしすぎが仇となり、目標だった文化祭の出演はおろか、友達が1人もできないまま中学を卒業してしまう。

そんな高校生になったひとりに運命の出会いが訪れる。

「バンドメンバーが足りないから入ってほしい」と誘われたのだ。

こうして女子高生バンド「結束バンド」のメンバーになったひとりは、今までの人生になかった出会い・経験をすることになる。

ここで最初から上手くいかないのがバンド活動の難しさ・リアルを感じられる。

他人と息を合わせて演奏したことがないので、本来の力を発揮できないひとり。

さらに、初めての人前での演奏、オーデション、アルバイト、チケットノルマなど、極度の人見知りであるひとりにはハードルの高い課題が次々と待ち構える。

それでも自分の個性を受け入れてくれる仲間に支えられ、数々の試練を乗り越え、ついに文化祭のステージに立つことに成功した。

「ぼっち」の日常はなぜ変わったのか

学園祭ライブが終わっても、ひとりのコミュ症は改善されるどころか、楽器店の店員と話すときに腹話術の人形にされたりと、もはや人間を超越してしまっている。

しかし、彼女の日常は確かに変化した。

その象徴ともいえる場面が、アニメ最終話のラストシーン、ひとりが「今日もバイトか〜」と呟くところだ。

バイトに不安を感じるひとりらしい台詞だが、第1話冒頭の時点なら絶対出てこない台詞でもある。

だから、ひとりの中に変化した日常が自然と入り込んでいると感じられたのだ。

後藤ひとりの日常が変化できたのは彼女の行動力の高さが要因だと考える。

ギターを3年続ける、バイトが嫌すぎて水風呂に入りわざと風邪をひこうとするなど、コミュ症な点を除けば、目標のためにすぐ行動に移せるバイタリティを持っていることがわかる。

第8話の初ライブでは、重たい空気を変えるためにギターソロをアドリブで披露して、バンドを立て直すきっかけを作った。

つまり、いざという場面で逃げずに一歩踏み出せる勇気が彼女の日常を変えたのだ。

最後に

『ぼっち・ざ・ろっく!』は陰キャを個性と捉えて、陰キャのままでも一歩踏み出せば変われる物語だと思った。

主人公・後藤ひとりの変わらない個性と変わっていく日常を通じてそれを描いている。すぐに無理矢理コミュ症を治す必要はない。大事なのはちょっとした勇気・行動だけ。

ひとりは自分と同じ境遇の人にとっての「ギターヒーロー」として、これからも作画崩壊したり奇行を繰り返していくのだ。

(文・西森圭人)

コメント

タイトルとURLをコピーしました