【感想】『シン・ゴジラ』平成版ニッポン対災害。

特撮・アニメ

ゴジラの魅力は怪獣同士によるプロレスだけはない。

ゴジラを災害に見立てた、災害パニック映画としての側面も持っている。

これを色濃く受け継いだのがご存知『シン・ゴジラ』である。

かつて特撮に詳しくない友人から「特撮ファンのお前から見て、シン・ゴジラはアリかナシか?」という質問を受けたことがある。

僕はこの映画を肯定したい。

なぜなら「ニッポンVS災害(ゴジラ)」という構図を、平成の時代だからこその描き方をしたからだ。

スポンサーリンク

ゴジラ=災害は予測できない

『シン・ゴジラ』の災害パニック映画としての魅力は、前半から発揮されている。

この映画の前半はとにかく展開が早い。

それに合わせるかのように、登場人物たちの台詞は情報量が多く、しかも早口だ

役者さんはよく噛まずに喋れるなーと感心するだけならいいが、観る側としてはついていくのが大変である。誰が何の台詞を喋ったかなんて覚えれるわけがない。

しかし、災害時には少しでも早い情報収集と対策案が求められるため、早い分だけリアリティを感じられるのだ。

『シン・ゴジラ』の物語は謎のトンネル事故から始まる。政府はマニュアルに沿って「ただの自然災害」と考えて調査を進める。

すぐに巨大生物の存在が推測されるが、最初は笑うだけで信じようとしなかった。そしてテレビにゴジラが映ったことで、慌てて対策会議を開くことになる。

さすがに未確認生物の存在をすぐ信じるのは無理があったとしても、マニュアル=常識の範囲でしか考えられない政府の対応は、災害は常に我々の予測を超えてくるという恐ろしさを伝えてくれる。

この予測できない災害の動きは、本作のゴジラにも表現されている。

シン・ゴジラは姿を変え、進化する。

上陸することはないという専門家の予想は外れるし、どんどん大きくなって、放射熱線まで出してくる。

ここでポイントなのが、登場人物たちはゴジラの生態を全く知らないことだ。

つまり、僕ら視聴者はゴジラがビームを出すことを知っていても、劇中の彼らはそれを予測すらできないのだ。ゲームでたとえるなら「初見殺し」である。

どこまで進化するか底が見えず、何をしてくるかわからない、それが彼らにとってのゴジラなのだ。

スクラップ&ビルドとは?

この映画の最後には「日本はスクラップ&ビルドでのし上がってきた」という台詞が出てきて、直後に復興を目指して頑張る避難民が映し出される。

スクラップ&ビルドは「効率を上げるために、古くなった建物や設備を壊して、新しく作り直す」という、普段はビジネスで使われる用語だ。

しかし本作では、災害を含めた広い意味で使われていると解釈できる。

要するに、壊されてもまた立ち上がる、まだまだやれるという日本の強さを伝えてくれるのだ。

阪神淡路大震災や東日本大震災を経験した平成の日本だからこそできる描き方だと思う。

ゴジラ要素を除けば、リアルな災害映画としてより連想しやすいのではないだろうか。

最後に

『シン・ゴジラ』はただゴジラが暴れるだけの映画ではない。

これまで多くの災害と戦ってきた日本の姿を、ゴジラという災害と戦うことで描いている。

そして、災害の恐ろしさやリアリティを、展開のスピード、情報の出し方、ゴジラの生態を通して表現されている。

だから僕はこの映画を災害パニック映画として肯定したい。

『エヴァンゲリオン』の庵野秀明氏の世界観だから、怪獣映画だからと身構えたりせずに、日本人なら一度は観てほしい映画だと思った。

(文・西森圭人)

コメント

タイトルとURLをコピーしました