【感想】『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』マリオがマリオのゲームをする映画

特撮・アニメ

僕はマリオガチ勢ではないが、マリオのゲームは子供の頃にある程度やってきたつもりだ。

難しいステージがたくさんあって、失敗を繰り返してはクリアを目指して何度もトライしたものだ。

そんな僕が大人になって観た映画が『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』である。

結論として、マリオの立ち位置が印象に残る作品となった。

本作のマリオの立ち位置はこれまでマリオのゲームをプレイしてきた僕たちマリオユーザーと同じだと感じた。

スポンサーリンク

強くない、失敗だらけのマリオ

本作のマリオは最初から強いわけではない。

ニューヨークのブルックリンで配管工を営むマリオ&ルイージ兄弟。

2人は自作のCMを作るなどして、売れようと頑張るが、家族や前の会社の上司から馬鹿にされる日々を過ごす。せっかく手に入れた仕事も失敗が続いてしまう。

そこには世界的人気のヒーローの姿はなく、将来に悩む僕らとそんなに変わらない大人の姿があった。

そんな2人が謎の土管に吸い込まれ、異世界に迷い込んでしまうところから物語は大きく動き出す。

クッパに捕まったルイージを救うため、ピーチ姫、キノピオと冒険の旅を始めるマリオ。

もちろん、順調な道のりではなく、苦難の連続である。

ピーチ姫のトレーニングコースでは、クリアするのに夜明けまで時間を要した。

ドンキーコングとのタイマン勝負では、手も足も出ずにボコボコに殴られてしまう。

まるで、初めて触るゲームのやり方がわからず、慣れるまでに時間がかかってしまう初心者プレイヤーのようである。

マリオとマリオユーザーを繋ぐ「諦めの悪さ」

それでも、マリオは決して逃げずにトライし続けた。

周りに馬鹿にされようとも挫けない精神は、異世界でも発揮された。

マリオの諦めの悪さは劇中で何度も言及されている。

どれだけ時間がかかっても最終的にはクリアを果たし、数々の試練を乗り越えて成長していく。

ドンキーコングと並走し、アイテムを駆使しながらクッパ城に向かう終盤は、いつもゲームで見ている任天堂のヒーローを感じさせるほどの成長であった。

このマリオの姿は、僕たちマリオユーザーと重なるところがあると感じた。

マリオユーザーも難しいステージで失敗を繰り返し、クリアするまで何度も挑戦し続けてきた。そして、時間をかけてクリアを果たし、次のステージに進みながら成長していく。

これは映画のマリオと同じく、諦めが悪くないとできないことだ。

つまり、本作のマリオの成長は、初心者から熟練プレイヤーへと成長していくマリオユーザーと同じだといえる。

言い換えれば、本作は「マリオ自身がプレイヤーとなってマリオのゲームをする物語」だと考える。

最後に

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』のマリオの立ち位置は、普段僕たちがゲームで知っているマリオの姿だけではない。

何度失敗してもしつこくクリアを目指す姿を強調することで、マリオを僕たちと同じゲームプレイヤーとして重ね合わせている。

だから、かつてマリオのゲームをしていた頃を思い出させたマリオの立ち位置が印象に残ったのだ。

まだマリオのゲームをやったことがない人は、この映画を観終わった後でもいいので、実際にゲームをプレイすることをオススメしたい。

(文・西森圭人)

コメント

タイトルとURLをコピーしました